ハーフマラソンへの道 その28 感涙!我、復活せり!

平成29年3月12日(日)
晴天の中、ABC万博たこやきマラソン2017 がやってきました!

前回の 摂津ふれあいマラソン では棄権という不甲斐ない結果にショボくれておりました。


我ながら豚汁を食する背中の丸さに哀愁すら感じてしまいます…

極寒の雨の中、皆が走っている間に食する豚汁は禁断の背徳的な旨さでした。







さて。
今回は日曜日の大会に向けて、水曜日に4.5km / 金曜日に5km 程を走り込みました。
体重は相変わらず重たいですが、 摂津ふれあいマラソン より少し軽い状態です。
よし、イける!

大会当日は万博記念競技場に集合です。
ストレッチをしたり、トイレに行ったり、どこまで脱いで走るかなどを考えている間にスタート時間が迫ってきました。
直前になってヘッドホンやイヤホンはNGとのアナウンスにえ~~っ!となりながらも従わなければなりません。
気をとりなおして、『さぁ~~て自分を信じて頑張ってみますか!』とセルフ鼓舞。


ドキドキしながらスタートです!
流石に陸上競技場ですね。トラックって本当に走りやすくできていることが初めてわかりました。トラックを4/5周して万博公園内に突入です。
コースは大雑把に言って2.5kmを2往復するコースです。
図にもありますが、万博記念公園駅前の「万博の壁」と称される高低差約17.6mの坂がきついこと…

このコースのような折り返しが3回もあると、私の場合はそれだけで心が折れそうになります。
今回も最初の折り返しが約2.5km地点なんですが、折り返した時点で「もう良いや…」って思ってしまうんです。で、残り8km弱を想像してゲンナリしてしまうという弱さ。

今回は対策を用意しました。
それは、余計なことは考えないように数を数えることです。エッヘン
4歩で一つ、ひたすら無心で「い~~ち、に~~い、さぁ~~ん…」と百までを繰り返します。
目線は3m先の地面か、わずかに視野に前のランナーが入る程度に軽く空に向けます。
なぜ、前を見ないのか?それは遠く先を行くランナーを見て心が折れないようにです(笑)。
視線を反らして数を数える、言うなれば『現実逃避走法』とでも申しましょうか。
あまり明るい印象は受けませんね。

しかし侮るなかれ。
2往復目の「万博の壁」に一度は足が止まったものの、見事完走しました!
ゴール間近、記念競技場に入る手前からのラストスパート!
無酸素ダッシュで10人抜きでゴール!!

記録は 自己ベスト の1時間3分。
復活戦としては大満足です♪

残念なことに、他のメンバーは「予想タイムは1時間10~15分だろう」と席を外していたようで、誰も見ていなかったようです(泣)。 チャンチャン♫
10人抜きしたのに…まぁ良いか、自撮りしておいてよかった♪


さぁて、メインイベント のたこやきを食するために行ってまいります♪
快調♪ 快食♪

(三島コーポレーション 情報企画部 松浦)